無痛治療へのこだわり

いつの間にか終わっていた。そんな治療を目指します。

子供の無痛治療

麻酔をされたことにも気がつかない、無痛治療が受けられます。

歯科治療の中で、麻酔の注射が嫌いと言う人も多いのではないでしょうか。特に、お子様は、麻酔が痛いのを怖がり、虫歯の治療を拒む、歯科医院への来院を拒否するケースが少なくありません。ですが、麻酔をしなければ、虫歯の治療もできませんし、抜歯やインプラントを行うこともできません。麻酔は、一度打ってしまえばそのあとの治療は痛みを感じなくなるので「麻酔さえなければ…」と感じている方も多いでしょう。

歯科としては、どうしても麻酔は使いたいもの。麻酔を使うと、止血効果や、過度な神経の刺激を防ぐなどのメリットもあります。無痛治療のためには麻酔が不可欠。当院では無痛治療のために、まずは痛くない麻酔処置を行っています。

歯科用麻酔は進化しています

麻酔はなぜ痛いのか?その原因を取り除きます。

歯科の麻酔がなぜ痛いのか?ご存知でしょうか?一般的に麻酔が痛い原因としては次の4つが考えられます。

  • 注射の針が太い
  • 麻酔液が歯茎と骨、歯との間の膜に入る際に強い圧力がかかる
  • 麻酔液の温度が低い
  • 針を入れるポイントが悪い

このような理由で麻酔が痛いことがほとんどです。この原因をすべて取り除けば、麻酔の痛みは劇的に軽減されます。

無痛治療を実現させるためにおこなっていること

表面麻酔の使用、麻酔液の温度管理

当院では、完全無痛治療を目指して、麻酔の注射をする前には歯茎に表面麻酔をさせていただきます。麻酔が痛い原因として、麻酔薬の温度が低いと身体に麻酔が入ってきた際に痛みを感じると言うことがあります。これを軽減するために当院では、麻酔液を事前に体温程度に温めてから使用しています。ちょっとしたことですが、患者さんの負担を少しでも軽減できればと思い、取り組んでおります。


心意的不安は痛みにつながります

痛みを感じずに治療を受けていただくためには、患者さんにリラックスして、恐怖心を持たずに治療を受けていただくことが大切です。そのために、当院では患者さんとのコミュニケーションを密にし、安心できる環境で治療を受けていただけるように心がけています。特に、お子様や、麻酔に対しての恐怖心が強い場合は、実際の麻酔が痛い、痛くないに関わらず、歯科治療に痛みを感じてしまうことがあります。そのようなことがないように、治療の前に恐怖心を取り除けるように、ご協力させていただきたいと考えています。心配なこと、不安があるときには、遠慮せずにスタッフまでお声かけください。

経験豊富な歯科医師による無痛治療をお約束します。

無痛治療無痛治療を行うために、どんなにいい機材、器具をそろえても、それを使いこなす技量が歯科医師になくては、完全無痛治療は実現できません。そして、なにより、患者さんに痛みを感じさせない治療をしたい、患者さんの負担を少しでも軽減したいという気持ちで取り組まなくては、完全無痛治療の実現は不可能です。

当院では、無痛治療にこだわり、歯科医師、スタッフ全員に、患者さんに痛くない治療を受けていただきたいという考えを徹底しています。完全無痛治療を目指し、日々研究し、より良い治療を受けていただけるよう取り組んでおります。今まで歯医者で痛い思いをした方、痛みに強い恐怖心がある方もぜひ当院での治療を体験してください。安心して通っていただけるよう、スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。