安全のための取り組み

  • 高レベルの感染対策と完全滅菌システムにより、安全と安心の歯科医療をご提供します。

スタンダードプリコーションを実践しています。

感染対策

スタンダードプリコーションとは、感染症の有無にかかわらず、すべての人の治療に際して適応される感染予防策です。当院では、スタンダードプリコーションを採用し、すべての患者さんに対して感染予防策を徹底して実施させていだたいております。口腔内には数々の細菌が存在しています。

また、唾液や血液は感染症の感染源となります。このような細菌、感染源を感染症の有無にかかわらず、どのような場合にも完全に除去して歯科器材、器具を介して他の人に接触することがないように徹底した滅菌処理を行っています。

当院での感染予防策

使用後の器具は洗浄

たんぱく質除去

滅菌処理

※滅菌処理不可のものはディスポーサブル(使い捨て)を使用

しかし、このような滅菌処理、感染予防対策をすべての患者さんに対して行うにはコストと手間がかかります。そのため、スタンダードプリコーションを徹底して実施している歯科医院と言うのは限られます。その中でも、当院では開院当初からスタンダードプリコーションを徹底し、患者さんが安心して、安全に治療を受けていただけるよう対策しております。

昨今歯科医院での衛生環境の悪さがメディア配信されています

歯科医療として衛生環境に対しシビアでなければならいのは当然であり、事実気を配らない歯科医院があるのも事実ですが、当院では最高水準の滅菌環境と衛生環境を保持し治療をおこなっております。ご不安なことがございましたら、ご自身のお口に入れるものの滅菌処置に関してスタッフへお尋ねください。

滅菌システム

エピオスエコシステムの使用

エピオス滅菌当院では、チェアーサイドでおこなう患者さんのうがいはもちろんスタッフの手洗い・歯を削るタービンから出る水・器具の洗浄にいたるまで、治療に関わるすべてに『エピオスエコシステム』による電解殺菌水を使用しております。『エピオスエコシステム』とは、治療用のユニットや手洗い用の水など院内で使われるすべての水を「電解殺菌水」に変える装置です。

水と塩で生成されている為、人体に害がなく安心して治療をお受けいただけます。この『エピオスエコシステム』は数多くある歯医者の中でも100医院に1つ導入されているかどうかの最新システムです。当院では患者さんの安全のために導入しております。

安心して治療を受けていただくために、すべての器具は治療毎に滅菌しています。

消毒特にインプラント治療では歯槽骨(歯が植わっている顎の骨)の中にインプラント体を埋入するという処置を行うため、器具の徹底した滅菌、感染予防対策が求められます。当院ではインプラント治療時のみでなく、すべての治療に使用する機材を消毒・滅菌を行っています。

徹底した滅菌、感染予防対策を行うことは、安心安全な治療を受けていただくためには必要不可欠であるとともに、治療部位への細菌の付着を防ぐことにより、治療後の詰め物の耐久性や、外科処置後の治癒にも影響があります。器具の洗浄のみでの使い回しなど、滅菌消毒処理をしていない器具を、患者さんのお口の中に入れることは一切ございません。


歯科用CTの使用

歯科用CT

頭頚部のみを撮影が可能な歯科専用のCT撮影装置(3D)です。これまで当院ではメディカルスキャニングという歯科医院提携のCT撮影場所に患者さまをご案内し、そこでCT撮影をしていただいていました。 当院はよりスピーディーに患者さんの状態把握をしていく目的で歯科専用CTを導入し、細かなところまでの診断はもちろん、短時間照射・狭範囲撮影による被曝量の低減・歪みのないクリアな画像撮影を可能とし、さらに精確な診断ができる様になりました。

インプラント治療におけるCT画像の優位性と必要性

歯科用CTインプラント治療を行う際、インプラントの埋入には十分な顎の骨の量が必要であり、この量を満たしていないと場合によっては骨造成などの骨を作る治療法が必要となります。

限られた骨の量・厚みの部分に確実にインプラントを埋入するには、CTによる精密診断とコンピューターによるシミュレーションが不可欠です。『埋入する位置、方向、深さ』などを事前に確認する過程を経ることで、より安全に、かつ確実な治療を行うことが可能です。

歯科用CTにより可能となること

事前に骨の質・厚み・幅を精確に知る事が可能

治療後に再度CT撮影をし、照らし合わせることが可能

太い神経・血管など事前に避けるべき『危険部位』を確認できる