入れ歯・義歯

入れ歯は噛めなくて当然?

入れ歯

そんなことはありません!入れ歯は噛めないもの、外れるもの、痛いもの、そんな風にあきらめていませんか? 日本全国で入れ歯にお悩みの方は約1000万人と言われており、大半の方は、入れ歯についてあきらめてしまっているのが現状です。 ですが、合わない入れ歯を使用すること、もしくは合わないからと言って入れ歯を使用しないことは、現状を悪化させ、さらに入れ歯が合わない、噛めない口腔内になってしまう原因になっていることをご存知でしょうか?

欠損治療で、入れ歯はどうしても嫌われがちですが、実は入れ歯はすべての症例に適応でき、しっかり合った入れ歯を作ることさえできれば、生活を豊かに快適にしてくれる、万能な治療法なのです。

以前入れ歯を作ったが合わないので使っていない。入れ歯にしてから好きなものが食べられない。そんなお悩みをお持ちの方も是非一度ご相談ください。

噛める、フィットする入れ歯を使うメリット

 脳への刺激で認知症防止!

しっかりと噛めると言うことは、認知症の防止にも効果があります。最近の研究では、認知症と噛むことにも関係性があることがわかってきました。ものを噛むとき、人とお話をするとき、大きく笑う時など、人は口を動かし顎の骨を動かしています。顎を動かすことが脳の血流増加に関与し、脳細胞を活性化させているのです。

最近の研究では、認知症患者では歯の残存本数が少なく、入れ歯を使用していない人が多いという研究結果もあり認知症との関連も取り立たされています。ご年配の方は、昔の入れ歯の印象が強いため、入れ歯についてあきらめてしまっている方が多くいらっしゃいます。

 唾液の分泌増加

加齢とともに唾液の分泌量は減ってきます。唾液は虫歯予防、口臭予防などの効果があります。唾液は咀嚼することにより、増加します。(例:ガムを噛むと唾液が出てきます)しっかりと噛める入れ歯で咀嚼をすることが、唾液の分泌を促進し、様々な口腔内のトラブルを予防します。

 正しい姿勢を保つ

入れ歯が合わない、噛めないことにより、全身のバランスが崩れてしまうことがあります。これは、咬合が安定しないことにより、顎の関節がゆがむところからはじまり、徐々に全身の姿勢が乱れていきます。全身の歪みは、高齢者の転倒の原因にもなり、骨折、ねんざなどを引き起こすこととなります。しっかり噛める入れ歯で、正しい姿勢を保ち、トラブルを防ぎましょう。

入れ歯治療は進化している!

快適な入れ歯の条件!

軽い

特に上あごでは、入れ歯が軽いと言うことは絶対条件となってきます。重い入れ歯では外れやすく、フィットも悪くなってしまいます。保険外で使用できる、コバルトクロム、チタンと言った金属の材料は保険で使用するものよりも25%程度の重量で軽量入れ歯を作ることに欠かせません。


薄い

当然ですが、入れ歯は口の中に入れるため、違和感の少なく、薄いものが良いとされます。金属床の入れ歯では、保険の入れ歯の約1/6の薄さで作ることができます。


熱伝導性がある

保険の入れ歯はプラスチック製のため、食事の際、食べ物の熱(熱い、冷たい)がほとんど感じられません。入れ歯の床部分(歯以外の部分)に熱伝導性のある金属を使用することにより、食事の際の熱が伝わり、よりおいしく食事を取ることができます。


目立たない

入れ歯で重要なのは、しっかりと噛み合わせを再現し、ご自分の顎の高さに合ったものを作ることです。これができなくては噛むことはできません。当院ではミクロ単位での調整を行い、顎関節としっかりと調和のとれた入れ歯を作ります。

合わない入れ歯は老化の原因!?

合わない入れ歯 入れ歯は実は顔貌も大きく左右します。入れ歯の歯の形、歯茎の色、顔とのバランスが合わないとどうしても老けた印象になってしまったり、いかにも「入れ歯」を入れていますと言った見た目になってしまいます。また、噛めない入れ歯を使っていると、だんだんと顔の筋肉も衰え、たるみが生じ、老け顔の原因になってしまいます。

しっかりとご自分に合った、噛める入れ歯を入れることは、顔の筋肉を保ち、また自然な笑顔を作りだす元となります。噛める、フィットした入れ歯を作ることは、お口の中だけでなく、全身に様々な影響を与えてくれます。ですが、入れ歯はあくまで人工的なもの。定期的なメンテナンスと、日々のお手入れを怠らないように気をつけましょう。

入れ歯の種類

保険入れ歯で見られる入れ歯の金具は、見た目が悪くコンプレックスになってしまう場合があります。また限られた素材でしか製作することが出来ないため、どうしても噛みづらい、合わないという結果になることが多いです。保険外の入れ歯では、審美性を悪くする金具を見えないようにし、快適な素材で自分に本当に合う入れ歯を作ることができます。

近年、見た目を重視した入れ歯(義歯)が多く開発され、今までの入れ歯からすると快適性は格段に上がっています。当院で取り扱う入れ歯は「ノンクラスプデンチャ-」「マグネットデンチャ-」「チタン床義歯」「コバルトクロム床義歯」です。

  • ノンスクラブデンチャー

    ノンスクラブデンチャー

    金属のバネがない入れ歯です。金属のバネを見せたくない方、お口の中に密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が何度も壊れてしまう方にお勧めしています。素材感はナイロンに近いため、柔らかく滑らかで、壊れる心配がありません。

  • マグネットデンチャー

    マグネットデンチャー

    磁力で入れ歯とお口を固定させる方法の入れ歯です。着脱が簡単で外れにくい、噛みやすく、お手入れも普通の入れ歯と同等に簡単であるという特徴をもっています。

  • チタン床

    マグネットデンチャー

    義歯床の部分に純チタンを使用している義歯です。金属床義歯の中でも最も生体親和性が高く、総義歯、部分義歯ともに対応しています。

  • コバルトクロム床

    オーバーデンチャー

    金属床の中では比較的費用の負担が少なく、目立ちにくい入れ歯です。温度を感じることができるので美味しく食事をとることができます。

入れ歯の治療費用

名称 イメージ 特性 料金(税別)
チタン床 チタン床 ・金属床で、チタンを使用
・コバルトクロムに比べ軽い
・生体親和性が高い
1-4歯)¥320,000
5-8歯)¥340,000
9-11歯)¥360,000
12-14歯)¥380,000
クラスプ1本¥15,000
コバルトクロム床 コバルトクロム床 ・チタン床より経済的
・生体親和性が高い
1-4歯)¥200,000
5-8歯)¥220,000
9-11歯)¥240,000
12-14歯)¥260,000
クラスプ1本¥12,500
ノンクラスプ義歯 ノンクラスプ義歯 ・接合部に金属を使用しない
・目立たず、入れ歯とわかりにくい
1-4歯)¥140,000
5-8歯)¥150,000
9-11歯)¥160,000
12-14歯)¥170,000
アタッチメント アタッチメント ・磁石の力で吸着力が強くなる
・上記入れ歯のオプション
・取り外しは簡単にできる
¥80,000(1装置)