安心・安全な治療工程

安全かどうかを判断する基準とは

インプラント治療が安全に行われているかは、きちんとした工程を踏んでいるか

インプラント治療は、きちんとした工程を経て行えば、極めて安全性が高く、成功率も高い治療です。ですが、日本のインプラント治療では、医療事故や、治療の失敗などが懸念され、本来安全で、口腔内の機能回復において画期的であるインプラント治療が避けられているのではないでしょうか。

当院では、最新の機器を用い、最新の技術を習得した歯科医師が、万全の環境の下インプラント治療にあたらせていただきます。インプラント治療は、失った歯の機能を回復し、快適な生活を送っていただくことのできる、画期的な治療法です。当院では自信を持って、安全性の高いインプラント治療を提供させていただいています。

安全なインプラント治療を行うための取り組み

院長の執刀

経験豊富な院長が自ら執刀します

当院では、インプラント治療の際は、必ず、院長自ら執刀いたします。歯科医療の中でも、特にインプラントは近年目覚ましい進歩を遂げ、日々新しい技術が開発されています。

院長は、国内だけでなく、海外での学会や、研修にも参加し、世界水準のインプラント治療の知識、技術を習得しています。患者さんに安心して、安全なインプラント治療を受けていただくために、常に最高の治療を提供できるように日々新しい知識、技術の習得にも努めています。

インプラントを成功させるための正確な術前診断 ワタナベ歯科が実践する安心・安全なインプラント治療の取り組み 人的ミスを起こさないための手術用ガイドの使用
世界で安全が認められたインプラントのみ使用 優秀な技工所との提携で長持ちする理想的な歯を トップダウントリートメントによる綿密な治療計画

インプラントを成功させるために、正確な術前診断

正確な術前診断インプラント治療の成功率、予後を左右するのに最も重要なのは術前診断と言っても過言ではありません。インプラント治療において、的確な診断を行うことが、適切な治療方針を導くこととなり、きちんとした工程を踏むという安全性を高めるうえで重要なこととなります。当院では、CTを撮影し、ガイデットサージェリーによるコンピューター上での術前シュミレーション、事故回避のための診断を行います。

今まででは歯茎を切開し、開いてみなくてはわからなかった、骨の密度や、血管との位置関係が正確に把握できるようになりました。このシュミレーションにより、手術中に不測の事態に陥ることや、術後の予後が悪いというようなこともほとんどなく、誰もが最適なインプラント治療を受けていただけるようになりました。

当院では、従来の歯科医師の勘と経験に頼った安全性の確立できない治療法ではなく、正確な情報に基づいた、安全性が極めて高いインプラント治療を提供しています。


歯科用CTの使用

歯科用CT

頭頚部のみを撮影が可能な歯科専用のCT撮影装置(3D)です。これまで当院ではメディカルスキャニングという歯科医院提携のCT撮影場所に患者さまをご案内し、そこでCT撮影をしていただいていました。 当院はよりスピーディーに患者さんの状態把握をしていく目的で歯科専用CTを導入し、細かなところまでの診断はもちろん、短時間照射・狭範囲撮影による被曝量の低減・歪みのないクリアな画像撮影を可能とし、さらに精確な診断ができる様になりました。

インプラント治療におけるCT画像の優位性と必要性

歯科用CTインプラント治療を行う際、インプラントの埋入には十分な顎の骨の量が必要であり、この量を満たしていないと場合によっては骨造成などの骨を作る治療法が必要となります。

限られた骨の量・厚みの部分に確実にインプラントを埋入するには、CTによる精密診断とコンピューターによるシミュレーションが不可欠です。『埋入する位置、方向、深さ』などを事前に確認する過程を経ることで、より安全に、かつ確実な治療を行うことが可能です。

歯科用CTにより可能となること

事前に骨の質・厚み・幅を精確に知る事が可能

治療後に再度CT撮影をし、照らし合わせることが可能

太い神経・血管など事前に避けるべき『危険部位』を確認できる


ヒューマンエラーをカバーするガイドの使用

ガイドの使用ガイドとは、ステントと呼ばれるマウスピースのようなもので、コンピューターシュミレーションにより決定されたインプラントの埋入位置を反映して作られます。ステントにはインプラントを埋入する箇所に、適切な角度で穴が開いており、手術の際にステントを口腔内に装着し、穴に合わせてドリルで骨を削ります。

すると、ドリルで穴を開けた歯槽骨部分に、インプラント体が、正確な角度で、正確な長さで埋入できるようになります。このガイドを使用することにより、ヒューマンエラーはなくなり、確実に正確な位置にシュミレーション通りのインプラントを埋入することができます。

確実に正確な位置にインプラントを埋入できるため、今まででは治療が困難とされていた骨の少ないケースにも対応できるほか、手術時間も短縮することができ、患者さんでの負担も軽減できるようになりました。


世界で安全が認められたインプラントを使用しています

安全が認められたインプラントインプラントは多くのメーカーから販売され、その材質も様々です。当院では、世界的に実績のある信頼性の高いメーカーのものだけを使用しています。インプラント治療の成功において、どのようなインプラントを使用しているかと言うことももちろん関係してきます。当院で使用するインプラントは、世界中で使用されている歴史あるインプラントシステム「バイオメット3i」のものを使用しています。

バイオメット3i社はインプラントにおいて15年以上の歴史と高い実績を持っています。

当院で使用されるインプラント体、インプラントシステムは、常に最新、世界水準で認められた安全性を持つものだけです。国内にいながら、世界水準のインプラント治療をご提供いたします。


優秀な技工所との提携

技工所インプラントは手術で人工歯根(インプラント体)を埋入したのちに、歯冠部分となる上部構造を装着し、初めて歯のようになり、機能します。この上部構造は、歯科技工所という専門機関で作成されます。この技工所の技術が低ければ、いくら腕のいい歯科医師がインプラントの手術をしても、その後快適に噛める状態にすることができません。

治療後の長期的安定を得る為にはきちんと咬合を見極め噛みあわせ部分である上部構造を作成することが求められます。


こだわりの治療法

トップダウントリートメントトップダウントリートメントとは、口腔内を模型上で再現し、最終的にどのような状態にしていきたいかと言う目標を決め、その目標に向けて治療計画を立てていく治療法です。

この作業により、明確な目標と理想の状態が患者さんと歯科医師との間で共有することができ、より効率的に、満足度の高い治療をすることができます。また、噛み合わせや歯肉の状態、インプラントを埋め込む部分の問題などもわかりやすく、適切な処置を検討しやすくなります。

自信があるからこそ、当院のインプラントは10年保証

当院でインプラント治療を受けていただいた患者さんには、半年に1度以上の定期メンテナンスを条件に、各部分(フィクスチャー、アバットメント、上部構造)に保証期間を設けております。万が一の際も安心してアフターフォローが受けられます。

長く使用していただくために、安心のアフターフォロー

インプラントを長持ちさせるためにはメンテナンスが必要です

メンテナンス当院では、インプラント治療をされた患者さんには、必ず半年に1回以上の定期メンテナンスを受けていただいております。インプラント治療を終えても、そのまま何もせずに過ごしていれば、また以前その部分の歯を失った時と同じ原因で、インプラントを失うことになりかねません。

特にインプラントは天然歯と同様、メンテナンスが重要です。当院では、患者さんの状況に合わせて適切なメンテナンス期間、内容を決定しています。