見えない・目立たない矯正

誰にも気がつかれない矯正装置?

当院では、審美性に優れたマウスピース矯正を扱っております。矯正治療でデメリットとなる、矯正装置での審美性の問題を解決できます。また、歯磨きなどもしやすく口腔内を清潔に保つこともできます。

着脱可能!目立たないマウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正ってどんなもの?

当院では、透明なマウスピースを装着する矯正としてインビザラインをご利用いただけます。治療期間中に定期的にマウスピースを交換しながら、徐々に歯を動かしていのがマウスピース矯正の基本システムです。マウスピースは透明で薄い素材で出来ているため、目立たず、食事の際には取り外しできますので、矯正装置のわずらわしさを軽減させてくれます。


従来の矯正装置の問題を解消したマウスピース矯正

マウスピース矯正従来の矯正装置では、見た目や違和感の問題から歯並びは気になるが、なかなか矯正を始めるのに抵抗があると言う方も多くいらっしゃいました。透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正は、見た目も目立たず、薄い素材のため違和感も少ないという今までの矯正装置の問題を解決した矯正治療装置です。

食事や歯磨きの際に取り外しができるため、口腔内を清潔に保ちやすいというのも魅力です。


一度の型どりで、最終段階までのマウスピースが作れます。

インビザラインでは、はじめに一度型どりをしてしまえば、特殊なシステムにより、最終段階までのマウスピースをすべて作ることができます。何度かマウスピースの交換が必要になりますが、すべてのマウスピースを治療開始時にお渡ししますので、あとは2か月に1回程度、経過を観察させていただきながら、ご自宅でマウスピースを交換していただければ、頻繁に通院することができなくても、どんどん矯正治療を進めることができます。

マウスピース矯正の中でも、1回の型どりで最終段階までのマウスピースを作れるものは限られており、インビザラインの魅力の一つだと言えます。


マウスピース矯正の、利点、欠点

  • メリット

     目立ちづらい
     着脱が可能なため衛生的
     違和感が少ない
     痛みが少ない
     通院回数が少ない
     事前に治療後のシュミレーションが可能

  • デメリット

     装置の最低装着時間が定められている(1日20時間以上)
     適応外の症例もある
     飲食の際には装置を外す手間がかかる
    ※着脱できる反面、着色や汚れの原因となるため、飲食の際は必ず取り外すという手間がかかります。


マウスピース矯正をご検討の方に

インビザラインシステムインビザラインシステムの使用には、インビザラインシステムを開発したアライン社の認定を受けた医師のみしか使用が認められていません。インビザラインは、ほとんどの工程はコンピューターシステムにより構築され、人の手が加わる部分はほとんどありません。

ですが、出来上がったマウスピースが本当に矯正学的に、適切な設計で仕上がっているか、それを現場で判断する必要があります。この判断を誤ると、シュミレーションとは異なる結果を導いたり、矯正が進まないというトラブルが起こってしまいます。当院では認定された歯科医師にて治療をおこなっております。