根管治療(歯の神経治療)

根管治療とは~神経を失った歯に行う治療です

根管治療

虫歯で神経を失うことになってしまった歯には、必ず根管治療と言う処置が行われます。歯の内部の、神経が通っていた部分の管をきれいに清掃殺菌し、最終的に封鎖します。この治療により、虫歯の再発、拡大を予防します。

根管治療とは~神経を失った歯に行う治療です

根管治療とは虫歯で神経を失うことになってしまった歯には、必ず根管治療と言う処置が行われます。歯の内部の、神経が通っていた部分の管をきれいに清掃殺菌し、最終的に封鎖します。

この治療により、虫歯の再発、拡大を予防します。

歯の根っこの病気~根尖病変

根管病巣根尖病変とは歯の根の先で細菌が繁殖してしまい膿の袋を作っている状態です。これは、神経に虫歯菌が感染し、繁殖することで、神経がつながっている歯の根の先で細菌が繁殖を広げることで起こります。

これが進行すると歯が植わっている骨を溶かしてしまい、抜歯をする原因になります。

根管治療ってどんなことをするの?

重度な虫歯

虫歯が神経に達していない場合には、基本的に根管治療は必要ありません。根管治療が必要になるのは重度に進行した虫歯の場合のみです。

神経の除去、根管内の清掃

麻酔をして神経を取り除きます。その後、根管内の虫歯菌に感染した部分を、ファイルと言う針のような道具で取り除いていきます。

根管内の殺菌

根管内を殺菌効果のある洗浄液で除菌していきます。2 3 を必要に応じて何クールか繰り返します。状況が悪ければ悪いほど治療に回数がかかります。また、根管内に薬剤を入れて殺菌効果を高める処置を行う場合もあります。

専用セメントでの充填

殺菌効果のあるセメントで根管内を充填封鎖します。このときにも、雑菌が入らないよう注意します。

土台の構築

根管を封鎖した上に被せものをするための土台を作ります。この土台を型どりし、かぶせものを作ります。

かぶせものの装着

銀歯やセラミックを使い、歯の形を作ったかぶせものを装着します。これで機能回復ができます。

精密根幹治療が必要な理由

精密根幹治療が必要な理由根管内は細く、暗く、どのような形状になっているのかを目で確認することが非常に難しく、歯科医師の手の感覚と、勘に頼った治療になってしまいます。そのため、根管治療後に根尖病変を再発するケースは半数以上、多くのケースでやり直しを必要としていました。

当院では、再発のリスクを防ぐべく、歯科医師の手の感覚と勘だけに頼らず、実際に「見える」根管治療をさせていただいております。